トップ

支払い手段を変える

クレジットカードで支払う

病院での医療費の支払い方法

病院においてかつて医療費の窓口負担の方法は、窓口にて3割の計算を行い、請求に基づいて現金で支払うのが一般的でした。ところが、最近では医療機関側の窓口負担の軽減及び患者の窓口での待ち時間短縮のために、支払い方法をクレジットカードでも出来るよう、対応を変えてきている病院が増えています。最近ではさらに携帯電話会社も支払いが出来るようにするなど、この代行サービスに続々と参入が増えてきているわけです。ただし、医療機関によっては対応をしていないところもまだ多く、さらにクレジットカードの使用できる種類も限定されている場合が多いことに注意が必要です。

クレジットカードの支払いが

今では、買い物をする際に欠かすことができないのがポイントが加算されることです。クレジットカードの場合は、意外と知られていませんが病院でも支払い時に使用ができます。特に、検査などは今は高額な費用がかかることが多くなりお金を準備することも予想がしづらくなっています。そんな病院の費用は、クレジットカードを利用すると現金の必要もなくまた、分割払いに変更することも可能です。そして、金額が高くなることに比例してポイントも加算がされるので色々な意味でもお得になります。お財布に1枚あるだけで、不安がなくなります。

新着情報

↑PAGE TOP